4種類のオシレーターの中から1つを選んで3つの時間軸で表示する「3-timeframes-indicator」

MACD、ストキャス、RSI、CCIの4種類のオシレーターのうち、一つを選んで3つの時間軸で表示させることのできるインジです。

「パラメーターの入力」欄で表示させたいオシレーターを選択できます。
また、パラメーターや表示させる3つの時間軸も変更できます。

便利なインジだとは思いますが、FFx standard indicatorsには敵わないかもしれないですね。

一枚のチャートでMTFを可能にするFFx standard indicators

2017.08.13

 

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

インディケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。
  2. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  3. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  4. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

気になるインジケーターのタイプを選んでください

メインチャート

メインチャート上に表示されるインジです。代表的なものとして移動平均があります。

サブチャート

チャート下に表示されます。 判断が簡単な指標が多いです。

オシレーター

チャート下に表示されるインジの中でもオシレーターを集めています。
 

シグナル

ある条件を満たすとシグナルが点灯するインジです。

○○足

平均足などのようにローソク足を他の表記方式に変更するインジです。

MTF

把握が難しいマルチタイムフレームを補助するためのインジです。