検証時に過去の経済指標とニュースが一発でわかる「Back_to_the_Economic_Indicator」

私がチャートに表示させて使って見て「すっげぇ!」と感心しまくりだったインジです。

過去のチャートを見ていると、上のチャートに示したように「明らかに何らかの要因で動いたと思われる足」が見つかります。

「コレは一体何かな?何か指標でもあったかな?」
と思ったときに今回ご紹介するBack_to_the_Economic_Indicatorの出番がやってきます。

使い方としては、気になるローソク足の上にマウスのカーソルを置いてキーボードのCボタンを押します。

すると、ブラウザが起動してヒロセ通商のサイトに飛び、その日にどんな経済指標発表があったのかが表示されるのです。

 

上のチャートの「何コレ?」と矢印を引いたところにカーソルを持っていって、Cボタン押したところ、このようなページが表示されました。

この時はアメリカの雇用発表で動いたんだな!
とわかりました。ボタンひとつでわかるなんて凄いですよね。

また、気になるローソク足にカーソルを置いてNボタンを押すと、ヤフーニュースの経済記事一覧のページが表示されるようになります。

この日は特に重要な経済ニュースがあったわけではないようですが、大きなショック等があった場合は、それがニュースになっていることもあると思います。

過去のチャートを見て検証する際に非常に役立つインジだと思います。

 

製作者様のページへ飛びます。無料でダウンロードできます。

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club エントリー版」にご招待します。

インディケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。(ブラウザはChrome推奨)
  2. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  3. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  4. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。