複数のチャートの時間を同期させる「sync2.1」

検証に使えるインジです。

このインジは、MT4で表示させている複数のチャートをボタン一つで同じ時間に同期させることが出来ます。百聞は一見にしかずなので、まずは下のチャートをご覧ください。

左がドル円4時間足、右がポンド円4時間足です。
ドル円4時間足にsync2.1を表示させています。

2つのチャートの表示している時間を見ると、ドル円が11月、ポンド円が1月で時間帯が違います。
しかし、sync2.1のleftかrightを選んでOKをクリックすると・・・

このように時間帯が一瞬で同期されます。
leftとrighは、sync2.1を表示させているチャートの左端に時間を合わせるか、右端に時間を合わせるかの違いです。

また、このインジはチャートの時間軸や通貨ペアに関係なく同期できます。
そのため「5分足を検証しているときに1時間足の状態をすぐに見たい」とか、「ユーロドルとドル円の動きの違いを比べたい」といったときにクリック一つで表示する時間帯を同期できるので検証に役立つことでしょう。

ちょっとした検証からガッツリした検証まで幅広く使えるインジだと思います。

(制作者様のサイトに飛びます。無料です)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club エントリー版」にご招待します。

インディケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。(ブラウザはChrome推奨)
  2. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  3. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  4. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。