Volumesに移動平均線が追加された「volumeMA」

VolumesはMT4のデフォルトで入っているインジです。
何を示すかと言うと、その足の出来高です。

出来高と言っても、外国為替市場の出来高を全て把握することは不可能ですから、ここでは「ティックの更新数」つまりは「価格が変動した数」を出来高としています。

さて、このVolumeMAは、Volumesのインジに加えて移動平均線まで表示させることが可能です。

相場にトレンドが出るとVolumeの値は大きくなる傾向にありますから、移動平均線も上を向いてきたらトレンド方向に仕掛ける・・・といったやり方が可能になるのではないでしょうか。

 

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

インディケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。
  2. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  3. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  4. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

気になるインジケーターのタイプを選んでください

メインチャート

メインチャート上に表示されるインジです。代表的なものとして移動平均があります。

サブチャート

チャート下に表示されます。 判断が簡単な指標が多いです。

オシレーター

チャート下に表示されるインジの中でもオシレーターを集めています。
 

シグナル

ある条件を満たすとシグナルが点灯するインジです。

○○足

平均足などのようにローソク足を他の表記方式に変更するインジです。

MTF

把握が難しいマルチタイムフレームを補助するためのインジです。