相場の流れをGMMAのように表示する「taotra」

複数の移動平均線のようなラインが表示してトレンドを見やすくするインジです。

類似のインジとして有名なものにGMMAがあります。
実際どんな違いがあるのかチャートを比べてみましょう。

TAOTRA

 

GMMA

TAOTRAの方がGMMAよりも敏感い相場に反応していて、
綺麗な扇形を示すのが特徴のようです。

 

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

インディケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。
  2. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  3. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  4. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

気になるインジケーターのタイプを選んでください

メインチャート

メインチャート上に表示されるインジです。代表的なものとして移動平均があります。

サブチャート

チャート下に表示されます。 判断が簡単な指標が多いです。

オシレーター

チャート下に表示されるインジの中でもオシレーターを集めています。
 

シグナル

ある条件を満たすとシグナルが点灯するインジです。

○○足

平均足などのようにローソク足を他の表記方式に変更するインジです。

MTF

把握が難しいマルチタイムフレームを補助するためのインジです。