自動でトレンドラインを引いてくれる「Dadas_True_Trend_Indi_v3.4」

自動でトレンドラインを引いてくれるインジです。

複数の高値同士や安値同士を結んでラインを引いてくれるのでトレンドラインを利用している方には便利かと思います。

また、高値や安値には水平線も引かれます。
意識されやすいレートも視覚的に分かりやすいので、相場状況を見る際にも使えます。

この手のインジは他にもたくさんありますが、「Dadas_True_Trend_Indi_v3.4」は、時間足を変更しても常に同じレートにラインが引かれる特徴があります。

(他のトレンドライン系はチャートの時間足を変更すると、ラインを結ぶ価格も違ってきます。)

下のGif動画は、Dadas_True_Trend_Indi_v3.4を表示させたチャートを4時間足⇒5分足に徐々に時間足を小さくしたものです。

常に同じところにラインが引かれているのが分かります。

デフォルト設定では日足の直近の動きからトレンドラインを求めています。
どの時間足をベースにするかは変更できますので、上位足の中のトレンドラインを使ってトレードする場合にはかなり使えるインジになります。

パラメーター設定

Tfはタイムフレームを意味しています。
デフォルト設定は1440分(日足)となっており、日足を使ってトレンドラインが描画されます。

この値を変更することで、どの時間足でトレンドラインを描画するかを決められます。

例えばデフォルト設定で5分足を表示させるとチャートの縮尺を一番小さくしないと全体が見えませんが、下のチャートのようにTfを240(4時間足)とすることで、より分かりやすい形でトレンドラインが描画されます。

 

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club エントリー版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法