ボックスブレイクアウト系の極み?「boxbreakout 1.02 nmc」

決まった時間帯をボックスで示すタイプのインジです。

ボックス系のインジは、ボックス内の価格をブレイクしてきたところで仕掛けるのが基本で、類似のインジは多くあります。

しかし、boxbreakout 1.02 nmcは、それ以外にも様々な機能が付いています。

  • チャート左に相場の状況の表示
  • 平均足の表示
  • Murrey_Mathの表示

これらを上手に利用することで、ボックスブレイクが効率よくとれるようになります。

チャート左の相場状況

ここでは、相場の状況が表示されます。
特に重要なのが一番上のBox Breakout Systemの項目です。

ここでは、1日の平均の値幅(Avg Daily Range)や前日の値幅(Prev Day Range)、本日の値幅(Todays Range)などが表示されます。

また、これらの情報から残りの上げ幅(Room UP)や残りの下げ幅(Room DN)も表示されます。

ボックスブレイクを狙う際に悩みの種となるのが利食い幅です。
しかし、これらの情報を利用することで、「あとどれくらい取れるか?、どれくらい上げ幅があるか、下げ幅があるか」の参考にすることができます。

平均足の表示

デフォルト設定では平均足が表示されます。
設定でローソク足を表示させることも可能です。

Murrey_Mathの表示

Murrey Mathとは、チャート上に表示される複数の水平線です。

これは過去の相場から算出された値幅を8等分したもので、このレート自体がサポレジとして機能することもよくあります。

これらのラインを利食い目標にしたり、明確なブレイクのサインとして利用することで、より効率のいいボックスブレイク狙いが可能となります。

パラメーター設定

全体として非常に高性能なインジです。
ロンドン・オープニング・レンジ・ブレイクアウトの手法を使っている方にお勧めします。

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club エントリー版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法