将来の動きを予測するMACD「future macd – 2」

それまでのMACDの挙動から、将来の動きを予測するインジです。

チャート右端の肌色の部分が予測領域となります。

気になる予測精度ですが、「将来のMACDの動きを当てる」という点だけで見ればなかなか優秀です。

予測の例

では例をご覧ください。

赤い縦線で囲った領域がFutureMACDの予測領域です。
今後は緩やかに下げるという予測ですね。

下が実際の動きです。

これは外してしまいました。

次です。

今度は下げる予測です。

下が実際の動きです。

MACDの動きはほぼ当てたと言っていいでしょう。
しかし、実際のレートは高値をブレイクして上昇しました。ダイバージェンスです。

このように、MACD自体の予測は正しくても、ダイバージェンスによってMACDと実際の動きに違いが出ることがよくあります。

次です。

今後は地味に上げる予測となっています。

下が実際の動きです。

今回は値動きもMACDも予測通りとなりました。

全体としてMACDの動きの予測自体は悪くはないのですが、ダイバージェンスによってMACDと価格の乖離が発生することもあって、相場の値動きを当てるツールとしては使いこなすまでに検証を重ねる必要があるかな?という印象です。

使用する際はしっかりと検証したほうが良いでしょう。

パラメーター設定

 

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします。

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個+自作インジケーター等をまとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。