ラリーウィリアムズのスイングハイ・スイングローを認識する「swing-hi-swing-low」

自作インジです。

ラリー・ウィリアムズが「ラリー・ウィリアムズの短期売買法」という書籍内で定義したスイングハイ・スイングローになるポイントでドットを表示します。

スイングハイ・スイングローとは、相場の波の高値や安値のことを指しますが、ラリーはスイングハイ・スイングローについて以下のような定義付けをしています。

  • スイングハイ:高値よりも安い高値を持つローソク足が左右に6本ある
  • スイングロー:安値よりも高い安値を持つローソク足が左右に6本ある

少しわかりにくいですが、高値を付けた足の左右6本が、その足の高値よりも下にあればスイングハイになります。

このスイングハイ・スイングローの定義は相場の波を客観的に捉えられるのが特徴です。

そのため、ドットの出た足に水平線を引いたり、波を定義することでトレンド方向やサポレジラインも無裁量でわかります。

このように、サポレジラインや波を捉える際の参考になるインジです。

注意

このインジケーターは、特定の高値や安値を付けてから、6本足が確定するまではドットは出現しません。そのため、ドットは遅れて表示されます。

これはスイングハイ・スイングローの定義を満たした条件でサインを出すためです。

一度確定したドットのリペイントはありませんが、ドットが遅れて出ることをご理解の上ご利用ください。

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法