3本のMAの位置関係をオシレーターとして示す「Didi_index_mtf+alerts+lines nmc」

5/5 (1)

以前ご紹介した「Didi index」の改良版です。

このインジは、3本のMAの位置関係をオシレーターとして示すインジです。

デフォルト設定ではMA3、MA8、MA20の3つの期間のMAを利用し、MA8を基準(青色のゼロライン)としてMA8とMA3の距離(緑色のライン)MA8とMA20の距離(赤色のライン)を表示します。

メインチャート3本MAを表示させました。

移動平均線自体は向きが変わりますが、Didi indexは真ん中のMA8を水平にして、それから他のMAがどのような推移をしているのかが見えますので、MA同士の広がりや乖離具合を見ることができます。

(MA3やMA20が基準となるMA8とクロスする時は、緑色や赤いラインがゼロラインとクロスします)

また、このインジはマルチタイムにも対応しています。
下のチャートは5分足チャートに1時間足のDidi indexを表示させています。

3本のMAを使ってトレンドを見ている方にオススメ出来るインジです。

パラメーター設定画面

Time Frameに表示させたい上位足の時間足を入力すると、その時間足が表示されます。

ShowLinesをtrueにすると、下のチャートのように相場の転換点で縦線が引かれます。

3本の移動平均線をベースとしたシンプルなロジックですが、細かいところに手の届く優れたインジだと思います。

 

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club エントリー版」にご招待します。

インディケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。(ブラウザはChrome推奨)
  2. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  3. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  4. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。