売りか買いかのシグナルを出す「fibopivotcandlebar」

フィボナッチ、ジグザグ、ピボット、ストキャスティクス、Realive Vigor Indexの組み合わせで売りか買いか待ちかサインの出るインジです。

このインジはチャート上に矢印が出るわけではなく、チャートの右側に色々と表示されます。

見るポイントとしては一番下に表示されるBuy、Sell、Waitで、現在はどっちのポジションを取れば良いのかが分かります。

そして気になる一番大きなローソク足のようなバーのような表記については・・・意味不明です。

考案者の解説はあっったのですが、非常に素っ気ないものでした。
以下に考案者の解説をまとめます。

  • 4時間足か1時間足の使用をお勧めする。
  • Buyになったらすぐロングしろ、Sellになったらすぐにショートすりゃぁいいんだよ。
  • (Buyの直後にWaitに変わったらどうするの?という質問に対して)トレーダーなんだろ?それなら1つのインディケーターに頼らず自分で考えろ。

大まかな方向を見るのには良いのかな?と思います。

パラメーター設定画面

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club エントリー版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法