相場の売られすぎ・買われすぎが分かりやすい「Trend scalp」

売られすぎ、買われすぎになるとドットが表示されるオシレーターです。

レンジ相場ではかなり威力を発揮しますが、逆にトレンド相場では下のチャートのようにドットが連続したままになります。

ただ、トレンド相場の場合は、押し目や戻りを形成した際に、Trend scalpが逆方向に進んでドットが点灯してきたらエントリーを考慮する、といった使い方はアリかなと思います。

パラメーター設定画面

 

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします。

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個+自作インジケーター等をまとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。