トレンドスキャルプのサインを出す「Trend – scalp 1.01(mtf + arrows + alerts)」

以前ご紹介したことのあるTrend scalpの機能拡張版です。

このインジでは、オシレーターが上限に到達すると水色のドットが表示され、ローソク足チャート上にサインが出現します。

サインの出方は以下の3種類から選択可能です。

  • 0ラインをブレイク
  • 上限・下限のラインをブレイク
  • 上限・下限のラインをブレイク後、戻ってきた時

0ラインをブレイク

オシレーターの0ラインンお上抜け・下抜けでサインが出ます。

 

上限・下限のラインをブレイク

オシレーターが上限や下限をブレイクしの水色やピンク色のドットが点灯した所でサインが出ます。

 

上限・下限のラインをブレイク後、戻ってきた時

上限や下限をブレイク後、再び戻ってきたところで逆張りのサインが出ます。

 

それぞれのサインについては、全部一緒に表示することができますし、3つのうち2つを選ぶこともできます。

好みに応じて変更すると良いでしょう。

また、このインジはマルチタイムにも対応しており、上位足のTrend scalpも表示できます。
下のチャートは5分足に15分足のTrend scalpを表示しています。

上位足のシグナルを見たい際にも重宝します。

パラメーター設定

  • Show arrows true/false?:trueで矢印表示(どれか矢印を出したい場合は必ずコレをtrue)
  • Arrows on zero cross true/false?:trueでゼロラインクロスでサイン表示
  • Arrows on levels break true/false?:trueで上下限ブレイクでサイン表示
  • Arrows on levels retrace true/false?:trueで上下限ブレイク後戻ってきたところでサイン表示
(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法