自分で引いたトレンドラインに押し目買い・押し目売りのゾーンが表示される「FiboSequenceMTF」

自分で引いた高値安値のラインから押し目買いや戻り売りの価格帯を計算してくれるインジです。

自分で高値安値のラインを引いてやる必要がありますが、押し目買いや戻り売りを狙う際に参考になります。

使用例は以下の通りです。

使用方法

FiboSequenceMTFをチャートに表示させると、左上に白い英文のみが表示されます。

これが表示されたら、押し目や戻りを狙いたい動きの高値と安値のトレンドラインを引きます。(MT4に標準で備わっているトレンドラインを使います。)

トレンドラインを引いたら、トレンドラインを右クリックして、プロパティを出します。
全般の項目でトレンドライン名をM15に変更します。

すると、自動で押し目買いや戻り売りのゾーンが表示されます。

分からない場合は上のgif画像と一緒に見て下さい。

パラメーター設定

TLnameの値と自分の引いたトレンドラインの名前は一致している必要があります。

 

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club エントリー版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法