CCIをQQE化した全部盛りのオシレーター「QQE cci new (mtf + arrows + alerts + divergence)」

CCIをQQE化したインジです。

ベースはCCIで、CCIで求められた値を、さらにQQEの計算式に入れています。

通常のCCIとQQE cci newを比較しました。

大まかな挙動は似ていますね。
QQE cciの方が滑らかな推移をしています。

このインジは、名前にあるように矢印、ダイバージェンス、マルチタイムに対応しています。
それぞれについてご紹介します。

矢印(シグナル)

QQE cciの色が変わったところでサインが出ます。

エントリーフィルターとして使えますし、アラートやメール送信が可能です。

ダイバージェンスの認識

ダイバージェンスを認識します。

オシレーター部分とローソク足部分の両方でダイバージェンスが分かるので便利です。

レギュラー(クラシック)ダイバージェンスもヒドゥンダイバージェンスの両方を見分けられます。ダイバージェンスについては以下の記事で詳しく解説しています。

オシレーターのダイバージェンスと使い方の解説

マルチタイム機能

マルチタイムに対応しており、上位足のQQE cciを表示させることが出来ます。

上のチャートでは1時間足に4時足のQQE cciと、ダイバージェンスも一緒に表示しています。

上位足のダイバージェンスもわかって便利です。

パラメーター設定

  • Time frame to use:時間足の指定
  • Divergence visible true/false?:ダイバージェンスを表示するか否か
  • Classic divergence visible true/false:レギュラー(クラシック)ダイバージェンスを表示するか否か
  • Hidden divergence visible true/false:ヒドゥンダイバージェンスを表示するか否か
  • Show arrows:ラインの色の切り替わりで矢印のサインを出すか否か
(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法