陽線や陰線が連続した所で逆張りのサインを出す「Consecutive_Candle_Ratio」

陽線や陰線が連続した所で逆張りのサインを出すインジです。

デフォルトでは、陽線もしくは陰線が3本連続し、3本目の足が2本目の足よりも2倍以上大きい時に逆張りのサインが出ます。

この条件はかなり厳しく、めったにサインは出ません。
しかし、そこそこ良い反転ポイントでのサインとなります。

そこで、「陽線か陰線が2本連続して、2本目が1本目よりも2倍以上大きい」という条件に変えると以下のようになりました。

サインの数はそこそこ増えます。
パラメーターを色々と変更すると面白いですね。

相場の転換点を狙うインジなので、FXでもバイナリーでも使えるかと思います。

注意
シンプルに陽線や陰線が連続すればするほど次の足で逆線となる確率が上がるわけではありませんのでご注意ください。検証していますので以下の記事をご覧ください。

86万本以上のローソク足で検証!陽線が連続すると、陰線の出現率が上がるのか?

パラメーター設定

  • Sequence lenght:陽線や陰線が何本連続するか
  • Min Ratio:最後の足が前の足の何倍以上の大きさになればいいか
(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

普通に陽線や陰線が連続した際にサインが出るインジもあります。

陽線や陰線がn本連続したら順張りのサインが出る「3-in-a-row-trend_ride_mtf_alerts_nmc_1.02」

2020年12月12日

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法