三角アービトラージのチャンスを検証できる「00-Arbitrage」

インジ職人の00(ダブルオー)さんが制作されたインジです。

一見すると普通のオシレーターですが、このインジでは3つの通貨間のに生じるサヤを表示します。例えば下のチャートをご覧ください。

赤い縦線を入れた部分では、00-Arbitrageのラインが大きく下落しています。
この時(2019年10月21日11:25)のドル円、ユーロドル、ユーロ円の価格を見てみましょう。

ドル円:108.648円

ユーロドル:1.11779ドル

ユーロ円:121.456円

理論的にはユーロ円の価格は、

ドル円108.648円×ユーロドル1.11779ドル=121.446円

となるはずなのですが、実際のレートは121.456円と1pips多いです。

つまり、理論値と実際の価格に歪み(サヤ)が生じているわけです。

この歪みを狙うのが三角アービトラージという手法で、00-Arbitrageは三角アービトラージが機能するか、どれくらいのサヤが狙えるかを検証するためのインジとなります。

三角アービトラージとは

三角アービトラージとは、通貨ペア間にサヤが開いた際に、関係する3つの通貨ペアのポジションを同時に持つことでトータルのリスクをゼロにして、サヤが閉じた時に全部を決済して利益を出す手法になります。

資金管理をしっかりとすれば「両建て」の状態になりますので、変動リスクがゼロで利益が得られるという点で非常に魅力的な手法です。

しかしながら、現在の相場ではそれほど大きなサヤが開くことは稀です。
3通貨ペアで同時にポジションを取りますので、その分のスプレッドとスリッページ分を考えると、少なくとも5pips程度の開きが欲しいところですが、通常の相場ではそれほどの開きはかなり珍しいかと思います。

また、サヤは一瞬で閉じることも多いので、手動でこのアービトラージをやるのは無理です。専用のEAが必要になります。

EAが気になっていた

私も以前EAが気になって購入を考えたことがあります。

「日本のMT4業者はスプレッドが狭いから、オアンダあたりで稼働させたら勝てないかなぁ?」

と目論んでいたのですが、やはりサヤがスプレッド以上に広がることは稀なことや口座凍結のリスクを考えて購入を辞めました。

可能であれば、業者間の三角アーブができるのが一番ですが、それは難しいようです。

もし使ったことがある方がいらっしゃったら、感想を教えてください。

パラメーター設定画面

サヤを見たい通貨ぺアの組み合わせを指定することができます。

 
00-Arbitrageの紹介ページへ

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club エントリー版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法