レンジでのダマシを減らすMACD「dsl – macd(divergence + arrows + alerts)」

MACDから派生したインジです。

dslとは(discontinued signal line)のことで、通常のMACDのシグナルラインは1本ですが、このインジでは2本使用して不要なシグナルを除去して精度を上げているそうです。

通常のMACDと一緒に表示させてみました。

dsl – macdでは、色の変わるラインがMACDで、灰色の点線がシグナルラインになっていることが分かります

レンジ中でのダマシシグナルが回避できるとのことですので、気になる方は使用してみると良いでしょう。

また、このインジはダイバージェンスを検知する機能も付いています。

ダイバージェンスを利用することで更に用途の幅は広がると思います。

パラメーター設定

Divergence visible true/false?をtrueniするとダイバージェンスが表示されます。

 

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club エントリー版」にご招待します。

インディケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。