セッションごとにボックスで囲み、オンオフもできる「Auto_Sessions_v2.91 button」

セッションごとにレクタングルで囲むインジです。

デフォルト設定では、ロンドン・ニューヨーク時間のみの背景が変わるようになっており、その値幅も表示されます。

セッション数については、最大でシドニー、東京、フランクフルト、ロンドン、ニューヨークの5つについて表示可能です。下が一例です。


(レクタングル内を塗りつぶさないように設定しています。)

全部表示させてしまうとチャートが分かりにくくなりますので、東京、ロンドン、ニューヨークの3つに絞った方が良いかなとは思います。

また、このインジはチャート左下のボタンをクリックすることで表示のオンオフが可能です。
デイトレをする際や過去検証をする際に役立ちます。

パラメーター設定

ShowBoxes~Showpips:左からシドニー/東京/フランクフルト/ロンドン/ニューヨークの順番。
1にすると表示、0にすると非表示になる。

 

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club エントリー版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法