ラインをブレイクしたらサインの出る「support-resistance-breakout-arrows」

自動でサポレジラインを描画し、ラインをブレイクしたらサインの出るインジです。

ラインをブレイクしたらとりあえずサインが出ますので選別は必要ですが、ラインブレイクを狙う際の参考になります。

また、このインジはフィルタリング機能が付いています。
フィルタリングをオンにすると、以下の条件でサインが出るようになります。

  • RSIが売られすぎ(25以下)の場合はショートサインは出ない
  • RSI買われすぎ(75以上)の場合はロングサインは出ない
  • CCIが50以上の時にロングサインが出る
  • CCIが-50以下の時はショートサインが出る

フィルタリングをオンにしてCCIとRSIも一緒に表示させました。

RSIで行きすぎでのエントリーを制御しつつCCIでエントリー方向を制御する面白い機能だと思います。

パラメーター設定

RSICCI_Filter:trueにするとフィルター機能オン

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club エントリー版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法