ADRから、その日の値幅の上限と下限をチャート上に示す「AverageRangeLines_v1.6」

ADR(Average Daily Range)より、その日のレートの上限や下限になりそうなレートをラインで示すインジです。

ADRとは、1日の平均レンジ幅を示すもので、日足の値幅(高値-安値)の平均値として求められます。

チャート上にある「ADR High」や「ADR Low」は、始値にADRを足して得られた値で、「これまでのボラティリティが続くのなら、このレートまでは動く可能性が高い」と考えます。

逆に言えば、これらのレートに到達後は反転する可能性もありますので、ポジションを持っている際の利食いにも使えます。

シンプルですが、昔から海外のトレーダーからよく使われている指標です。

パラメーター設定

 

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法