MT4が使えるFX業者はコチラ

違う時間足のチャートとライン等のオブジェクトを同期する「Multi-Chart-Sync-safe-button」 5/5 (1)

ラインやボックス、フィボナッチなどのオブジェクトを、違う時間足のチャートに同期させるインジです。

同期させたいすべてのチャートにこのインジケーターをセットして、チャート右下のボタンがonになっている状態でオブジェクトを描画すると、しっかりと動きが同期されます。

上のgif動画にもあるようにオブジェクトの移動などもリアルタイムで一緒に動きます。

チャート右下のボタンをoffにすると、そのチャートだけは同期されなくなりますので、同期する・しないを臨機応変に対応できます。

on offボタンの横の[M]は、「ウィンドウの整列」ボタンです。
このボタンを押すとチャートの大きさが全て揃ってしまうので、チャートによって大きさを変えている方は誤クリックしないように注意しましょう。

パラメーター設定

 


オブジェクトだけでなく、表示しているインジケーターなど全てを他のチャートに同期するスクリプトもあります。

評価をお願いします

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個+自作インジケーター等をまとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。