MAにタッチしたらサインの出る「MAtouch」

自作インジです。
MAにローソク足がタッチしたらサインが点灯するという非常にシンプルなインジです。

サインが出る条件は以下の通りです。

  • ローソク足の始値がMAより上で、MAまで下げて来たら上矢印が点灯
  • ローソク足の始値がMAより下で、MAまで上げてきたら下矢印が点灯

サインはローソク足がMAにタッチした時点で点灯します。
また、MAの角度等は一切関係なく条件を満たしたらサインが点灯します。

注意

ローソク足とMAが接触する機会は2パターンあります。

  1. ローソク足がMAに触れに行く
  2. MAがローソク足に触れに行く

ローソク足とMAが接触するケースは、ほとんどの場合が1になります。

しかし、パラメータの小さなMAを利用している時に大陽線や大陰線が出た場合は、MAがローソク足の安値や高値に接触していくことがあります。

例えば下のチャートをご覧ください。

一番右側の陰線は勢いよく下げて来ていますが、この時点ではMAとローソク足の高値は接触していません。

 

しばらく経った後の動きです。

あれから更に下落して明らかな長大陰線となっています。
MAを見てみると、ローソク足の下落に引っ張られて急降下し、MAの方からローソク足の高値に接触して言っていることが分かります。

このような際でもサインは点灯します。

パラメーターについて

Granville03ではパラメーター変更できる箇所が2点あります。

意味合いは以下の通りです。

MAperiod:MAの期間
MAmethod:MAの計算方法の選択
MAapply::適用価格

 

MAmethod(移動平均線の種別)については、

  • 0を入力すると単純移動平均線(SMA)
  • 1を入力すると指数移動平均線(EMA)
  • 2を入力すると平滑移動平均線(SMMA)
  • 3を入力すると線形加重移動平均線(LWMA)

でMAが計算されます。

 

MAapply(適用価格)については

  • 0を入力すると終値
  • 1を入力すると始値
  • 2を入力すると高値
  • 3を入力すると安値
  • を入力するとMedian Price
  • 3を入力するとTypical Price
  • 3を入力するとWeighted Close

でMAが計算されます。

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club エントリー版」にご招待します。

インディケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。(ブラウザはChrome推奨)
  2. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  3. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  4. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。