MT4が使えるFX業者はコチラ

トレードすべき相場か否かが一目で分かる「00-DoNotTrade_v103」 5/5 (1)

インジ職人の00(ダブルオー)さんの作成されたインジです。

ATRを用いたインジで、トレードするのに十分なボラティリティがあるかどうかを判断し、チャート右上に「TRADE」もしくは「DO NOT TRADE」が表示されます。

「TRADE」と表示される場合は白いラインと緑色のラインが十分開いていてトレードできる状態であることを示します。

一方で「DO NOT TRADE」と表示される場合は、トレードする価値のないレンジを示し、白いラインと緑のラインの幅が狭くて横ばいになって、赤いラインが出現します。


このインジがあれば、現在の相場がエントリーする価値があるかどうかが一目でわかります。

00-DoNotTrade_v103はdamiani_volatmeterをベースとしており、マルチタイム機能が追加されています。

下のチャートは15分足チャートに1時間足の00-DoNotTrade_v103を表示させています。

上位足でもトレードできるだけのボラがあるかどうかが分かるのも便利です。
トレード開始前の相場環境をチェックやエントリーフィルターとして利用できます。

パラメーター設定画面

timeFrameの値を変更することでマルチタイム化できます。
1時間足を表示させたい場合は、60と入力します。

 


⇒解説ページへ

恐らく元ネタとなったインジが以下のものになります。

評価をお願いします

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個+自作インジケーター等をまとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。