EPMAを表示できる(00-EPMA_v100)

インジ職人の00(ダブルオー)さんの開発されたインジです。

EPMA(End Point Moving Average)を表示させることのできるインジです。

EPMAとは以下のようなものだそうです。

End Pointは時系列移動平均(End Point Moving Average)と呼ばれるもので、線形回帰を用いる手法です。

算出期間の価格の線形回帰ラインの最後の点(当日に重なる部分)の値を用いることからEnd Point Moving Averageと呼ばれています。算出期間の価格の線形回帰ラインの最後の点をプロットし続けてそれを結んだのが時系列移動平均線となります。この手法は動的線形回帰あるいは回帰オシレーターとよばれることもあります。
システムトレードの森

また、英語ですがコチラでもEPMAの解説があります。

パッと見ただけでは短い期間のMAのようですが、ローソク足の上昇の勢いがあるときは、ローソク足自体を上抜ける面白い動きを見せます。

また、このインジはマルチタイムに対応しています。
下のチャートは1時間足に4時間足のEPMAを表示させています。

パラメーター設定

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club エントリー版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法