ストキャスティクスRSIをバーで表示する「Stochastic_RSI_MTF_Heatmap」

ストキャスティクスRSIの状況をチャート下のバーで表示するインジです。

デフォルト設定では、ストキャスティクスRSIが「買われすぎ」まで来ると緑色、「売られすぎ」に来ると赤色で表示されます。

マルチタイムで表示されますので、上位足の流れがどのようになっているかがイメージしやすいと思います。

3つの時間足でストキャスティクスRSIを表示させる「MTF_Stochastic_RSI」

2020年5月4日

パラメーター設定

Compare_Methodで表示を変えられます。

  • K_and_D:%Kと%Dのクロス
  • Middle_Line:ミドルラインより上か下か
  • OBOS:買われすぎ、売られすぎ
(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club エントリー版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法