MT4が使えるFX業者はコチラ

OsMAのダイバージェンスを認識して表示する「fx5-divergence-v4-indicator」

OsMAのダイバージェンスを表示するインジです。

OsMA(Moving Average of Oscillator)は、MACDを利用したインジで、MACDのシグナルラインとMACDの差を表示します。

同じパラメーターのMACDと一緒に表示すると分かりやすいです。

MACDがシグナルラインを上抜けると、OsMAではヒストグラムがゼロを超えて緑色になります。逆にMACDがシグナルラインを下回ると、OsMAではゼロを下抜けて赤色になります。

通常のMACDよりもトレンドの転換が速いのが特徴です。

このインジでは、OsMAのレギュラーダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスの両方を認識します。

ただし、ラインやサインに区別はありませんので、どちらのサインかを読み取る必要はあります。

パラメーター設定

 


評価をお願いします

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個+自作インジケーター等をまとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。