MT4が使えるFX業者はコチラ

セッションごとの値動きをボックスで囲む「TradingSessions-1.07」

シドニー、東京、ロンドン、ニューヨーク時間の4大市場をボックスで囲むインジです。

このインジを利用することで、各セッションごとの値動きの方向や値幅が視覚的に分かりやすくなります。

類似のインジは他にもありますが、このインジは表示が非常にシンプルで、設定も簡単なのが大きなメリットかと思います。

特定の市場の値動きだけボックスで囲むこともできますし、市場開始時間も指定できます。使い勝手の良いインジです。

パラメーター設定

Sessions Options内にある各セッションのボックス表示については、offにすることで非表示にできます。(デフォルトではシドニー時間だけ非表示)

また、デフォルトでは表示の色が暗い問い方は、一番下のColor Optionsを変更すると、以下のように目立ったボックスにも変更できます。

 

 

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。