MT4が使えるFX業者はコチラ

必要な機能は全て揃った!「PivotPoints.All-In-One」

万人にオススメできるピボット表示型のインジです。

表示自体は通常のピボットではありますが、

  • ピボットの種類
  • 計算期間
  • 表示方法

等が簡単に変更できるため、好みに応じてカスタマイズできて非常に便利です。

詳しくは以下のパラメーター設定をご覧ください。

パラメーター設定

Calaculation Method

ピボットの種類を以下の5つの中から選択できます。

  • Classical
  • Camarilla
  • Woodie
  • Fibonacci
  • CPR

基本はClassicalですが、その他の計算方法にも対応しています。

Calaculation Period

ピボットの計算期間を以下の4つから選択できます。

  • 1時間足
  • 日足
  • 週足
  • 月足

日足以外のピボットも計算可能です。

Show Only Recent Period

ピボットの表示方法を以下の3つから選択できます。

  • No(Draw All Periods)
  • Yes(Short Lines)
  • Yes(Long Lines)

下のgif動画のように表示方法を変えられます。

用途に応じて使い分けられます。

 

 

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。