MT4が使えるFX業者はコチラ

FairValue Gap(Hidden Gap)を認識する「WRB-Hidden-Gap-Alerts」 4.95/5 (22)

FairValue Gap(別名Hidden Gap、Imbalance)を認識して表示するインジです。

FairValue Gapとは以下の図にあるように、前の足と次の足が重合していない価格帯です。

このFairValue Gapがどのような意味を持つのかについては、以下の記事や動画をご覧ください。

 

 

WRB-Hidden-Gapの見方について

このインジでは、まず実体の大きな足「Wide Range Body(WRB)」を認識して♦のサインを出します。

Wide Range Bodyの条件は、「過去3本の足よりも次の足の実体が大きい」になります。

♦の出現したWRBの中で、FairValue Gapを持つ足については、青色のゾーンが横に表示されます。

ゾーンは完全に埋められたらそこで止まります。

手軽にFVG分析ができる優れたインジケーターです。

パラメーター設定

UseWholeBars

デフォルトではfalseになっています。

  • false:過去3本の足の実体よりも、現在の足の実体が長いとWRBとして認識されます。(この場合はWide Range Bodyとなります)
  • true:過去3本の足のヒゲを含む全体よりも、現在の足の全体の方が長いとWRBとして認識されます。(この場合はWide Range barとなります)

デフォルトのfalse推奨です。

WRB_LookBackBarCout

デフォルトでは3になっています。

WRBの判定をする際に、過去何本前のまでの足と現在の足の大きさを比較するかのパラメーターです。

値を大きくすればするほどWRBの判定が厳しくなり、結果としてFVGの表示数が少なくなります。

HiddenGapの大家(M.A. Perry)が3としており、このインジケーターはその考えをベースに作られていますので、デフォルトの3が推奨です。

WRB_WingDingsSymbol

WRBを示す♦マークの変更です。
以下の表を参考に、任意の数字を入れると絵柄が変えられます。

HGcolor1&2

Hidden Gapの示すゾーンの色を変更します。

HollowBoxes&HGstyle

HollowBoxesをtrueにすると、ゾーンの塗りつぶしが無くなりライン表示に変わります。

この状態でHGstyleを変更すると、以下のようにラインのスタイルが変わります。

StartCalculationFromBar

ローソク足何本前までWRBとHiddengapを認識するかを決めます。

過去検証する際は値を大きくしましょう。

DoAlerts

trueにすると、価格がゾーンに入るとアラートが鳴ります。

 

評価をお願いします

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個+自作インジケーター等をまとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。