窓が開いたらサインが出る「i-GAP」

窓が開いたら窓埋めする方向にサインの出るインジです。

デフォルト設定では0.5pips以上の窓が開いたらサインが出る設定なので、高頻度でサインが出てしまいますが、パラメーターを変更することで窓の大きさを変更することが出来ます。

パラメーター設定画面です。

SizeGapが窓の大きさを示します。
デフォルトで5となっており、0.5pips以上の窓が開いたらサインが出現する仕組みです。
これを100にすれば10pips以上の窓のみでサインが出現することになります。

NumberOfBarsは過去のローソク足何本まで窓にサインを出すかを決めるもので、値を大きくすれば、より昔に遡って窓を検証することが出来ます。

このインジはリアルタイムで窓を見つけるため、というよりは、過去の窓埋めトレードの検証に使えるものだと思います。過去のチャートから視覚的にも分かりやすく窓が見つけられて便利です。

 

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club エントリー版」にご招待します。

インディケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。(ブラウザはChrome推奨)
  2. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  3. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  4. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。