ミニチャートを並べて表示できる「Stratman_MiniChart_v12」

メインチャート上に他の通貨ペアや時間足のチャートを並べて表示できるインジです。

表示させたいチャートの通貨ペアや時間足は自由に選択することができますし、最大で60個のミニチャートを一度に表示させることができます。

そのため、相場全体の動きや流れを俯瞰したいときに役立ちます。

複数個ミニチャートを並べた例は以下の通りです。

ミニチャートの表示場所、表示するローソク足の本数なども自由に変更できます。
この手のインジケーターは他にもありますが、他の通貨ペアも表示出来る点で、Stratman_MiniChart_v12は優れています。

パラメーター設定画面

Corner:表示位置の変更
Bars To Display:チャートに表示させる足の本数
Columns:行の追加
Rows:列の追加
Symbol:表示させたい通貨ペアを入力
Time Frame:表示させたい時間足を入力

 

チャート下に他の時間足のチャートが表示出来る「pipware-charts-v6.2」

2019年10月25日

マルチタイムでローソク足の状況が確認できる「multitimeframe」

2019年8月19日

マルチタイムで直近のローソク足の動きの状況が見える「Recent Candles_wiedstone」

2019年7月30日

一枚のチャートでMTFを可能にするFFx standard indicators

2017年8月13日

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法