RSIをメインチャート部分に表示する「RSI onchart button」

RSIをメインチャート部分に表示するインジです。

オレンジ色のラインはRSIの推移を示し、上と下のバンドは「買われすぎ」「売られすぎ」となるライン(デフォルトでは70と30)に到達するレートを示しています。

通常のRSIと一緒に表示しました。

オレンジのラインがRSIと同じ挙動を示しているのが分かるかと思います。

バンドを見れば、どの価格にまで来たらRSIが買われすぎや売られすぎになるのかもわかりますので、トレードプランを練る際にも使えます。

また、このインジはマルチタイムにも対応しています。

このチャートでは15分足に1時間足のRSI onchart buttonを表示しています。
上位足の「買われすぎ」「売られすぎ」の価格も見えますね。

チャート左上の「RSI」ボタンを押すと、インジの表示・非表示も可能です。

RSIを使っている方には非常に興味深いインジになると思います。

パラメーター設定

デフォルト設定では平滑化したRSIとなります。
通常のRSIを表示する場合は、maPeriodを1にしてください。

 

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法