可変インデックス動的平均のバンドを表示する「Vidya zone 2.1」

Vidya(Variable index dynamic average:可変インデックス動的平均)をベースとしたバンドを表示するインジです。

Vidyaは相場のボラティリティによって平均期間を変更する面白いインジで、相場の動きが小さいと期間は長くなり、動きが大きくなると期間が短くなって相場の速度に柔軟に対応できるようになっています。

この性質によって、平均期間を固定する通常の移動平均線の弱点を改善しています。

Vidya zoneでもトレンドに早く追従し、ゾーン自体がサポレジとして機能しますので、トレンド方向を見たり、押し目買い、戻り売りの判断に利用できます。

また、マルチタイムにも対応しています。
下のチャートでは1時間足に4時間足のVidya zoneを表示しています。

他の人とは違う移動平均線とバンドでトレードしたい方にオススメします。

パラメーター設定

 

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

マルチタイムに対応した可変インデックス動的平均「Vidya cmo 1.12 mtf」

2020年10月12日

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法