MT4が使えるFX業者はコチラ

MHLの角度でサインが出る「!!Angle of MHL average osc (mtf + arrows)」 5/5 (1)

MHL average(Middle-High-Low Moving Average)を利用したオシレーターです。

MHL averageとは、通常の移動平均線と、最高値と最安値の移動平均線の相関を示すもののようです。

このインジでは、相場に合わせて上下する滑らかなオシレーターが表示され、値が-2~+2の外に出ると色が変わり、サインが出るようになります。

名前の通りMHLの角度を示しており、ある程度角度が付いたところでサインが出ることになりますので、トレンドフォロー指標として使えます。

また、逆に言えばオシレーターが-2~+2の領域にあればレンジ相場とみなせるため、トレンドとレンジを見分ける際にも使えます。

このインジはマルチタイムにも対応しています。
下のチャートは1時間足に4時間足のAngle of MHL average oscを表示しています。

上位足のトレンド方向を見る時にも便利かなと思います。

パラメーター設定

 

 

評価をお願いします

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個+自作インジケーター等をまとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。