移動平均線とローソク足の乖離を示す「Kairi」

移動平均線とローソク足がどれだけ離れているかの「乖離」を示すインジです。

分かりやすいように移動平均線も示しました。

上のチャートでは、ローソク足チャート上の水色のラインがSMA21です。
ローソク足とSMA21は離れては近づき・・・を繰り返していることが分かります。

そしてチャート下に表示させているkairiは、SMA21とローソク足との距離を示しています。
kairi内に表示してある白い点線はゼロポイントで、ローソク足と移動平均線が同じレートにあるとkairiの値もゼロになります。

kairiの一般的な使い方は、MAとローソク足の離れすぎを狙う逆張りです。
しかし、トレンドの勢いも見ることができますので、押し目買いや戻り売りにも利用できるでしょう。

 

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

マルチタイム&マルチ通貨ペアでMAとの乖離幅が示される「Ibuk’s Bread’nButter Dashboard」

2020年7月9日

MAとの乖離幅を一覧で示す「MTF_MCP_Price_MA_Difference」

2020年3月23日

MAと終値の値幅が一定以上になるとサインが出る「kairi_signal」

2019年7月8日

移動平均線と終値の値幅をpipsで示す「kairi_text」

2019年7月7日

移動平均線と終値の乖離幅を示す「kairi_oscillator」

2019年7月7日

移動平均線の乖離や流れが分かるオシレター「Didi_Index」

2017年8月29日

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法