MT4が使えるFX業者はコチラ

3本のRSIでサインを出す「RSIx3 + alerts + arrows mtf」

3つのパラメーターのRSIを表示し、それらがパラメーター順に揃ったらサインの出るインジです。

デフォルトでは6、12、24期間のRSIでサインを出しますが、サインの頻度はかなり多いです。そのため、ちょっとした動きを狙う際に使えそうです。

「パラメーターを大きくしたらサインの頻度は減るか?」と言われたらそんなわけでもありません。

下のチャートは10、25、50に変更していますが、頻度は変わらず多いです。

RSIはパラメーターを大きくすると、上下の振れ幅が小さくなり、機能しにくくなります。

こういった性質を加味した上で、パラメーターを調節すると良いかと思います。

また、このインジはマルチタイムに対応しています。
下のチャートは30分足に4時間足のRSIを表示しています。

期間よりも時間足の変更をした方が良いかも知れません。

パラメーター設定

 

 

RSIx3 + alerts + arrows mtf.zip

トレード手法10個+インジをプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個+自作インジケーター等をまとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。