利食いや損切りポイントに使える「Volatility.Pivot」

ピボットと言うよりはパラボリックっぽいインジです。

ローソク足上にラインが表示され、ローソク足の実体がそのラインを上抜け・下抜けするとトレンドが切り替わったと判断します。

この手のインジとしては他にもいろいろありますが、用途としては

  • 利食い・損切りポイントの参考
  • トレンド方向の確認
  • 押し目買いや戻り売りポイントの参考(サポレジとして)

などに使えると思います。
初心者の方にも分かりやすく使いやすいのも大きな特徴ですね。

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

損切りポイントを明確に示す「BBands_Stop_v1_with_alert」

パラボリックのようなドットとサインの出る「direction-indicator」

2019年6月10日

マルチタイム表示が可能なパラボリック「Parabolic_trendchaser」

2018年2月15日

パラボリックと少し似ている「ssl-indicator」

2018年1月29日

損切りポイントを明確に示す「BBands_Stop_v1_with_alert」

2017年11月15日

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法