グランビルの法則の3番でサインが出る無料インジケーター「Granville03」

自作のインジです。
グランビルの法則の3番の条件を満たしたときにサインの出るようにしています。

グランビルの法則の3番とは以下のようなポイントです。

  • ロングの場合は、上昇するMA付近まで押してから反発したところでエントリー
  • ショートの場合は、下降するMA付近まで戻してから反発したところでエントリー

となります。
トレンド中は移動平均線自体がサポレジとなる性質を利用した手法です。

サインについて

ロングサイン

  1. MAが十分に上昇している
  2. MAが上昇中に、ローソク足の安値がMAを下抜くも、終値はMAの上で確定して陽線となる

1と2の条件を満たしたときにサインが出ます。
しっかりと傾いたMAに対してヒゲを付けて、陽線となったらエントリーするロジックです。
(MAが緑色=しっかりと傾いたMAではありません。もっと厳しい条件を付けています)

ショートサイン

  1. MAが十分に下降している
  2. MAが下降中に、ローソク足の高値がMAを上抜くも、終値はMAの下で確定して陰線となる

1と2の条件を満たしたときにサインが出ます。
(単にMAが赤色の時に上ヒゲを付けて陰線となったらサインが出るロジックではありません。)

それなりにMAの傾斜が無いとサインが出ないようにしています。
サインはそれほど多くはありませんが、その分だけ精度を高めています。

パラメーターについて

Granville03ではパラメーター変更できる箇所が2点あります。
意味合いは以下の通りです。

MAperiod:MAの期間
MAmethod:MAの計算方法の選択
Alert:trueに変更するとサイン点灯時にアラートが鳴ります
Mail:trueに変更するとサイン点灯時にメール送信します
 

MAmethodについては、

  • 0を入力すると単純移動平均線(SMA)
  • 1を入力すると指数移動平均線(EMA)
  • 2を入力すると平滑移動平均線(SMMA)
  • 3を入力すると線形加重移動平均線(LWMA)

でMAが計算されます。

シンプルなサイン型インジですが、グランビルの法則を使ってトレードする場合の参考にはなると思います。

動画もありますのでご覧ください。

 

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

フィルター機能のついたGranville02「Filtered Granville02」

2019年7月2日

フィルター機能のついたGranville03「Filtered Granville03」

2019年7月1日

グランビルの法則の2番でサインが出る無料インジケーター「Granville02」

2019年6月14日

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法