グランビルの法則の2番でサインが出る「Granville02」

4.45/5 (20)

自作のインジです。
グランビルの法則の2番の条件を満たしたときにサインの出るインジです。

グランビル法則の2番とは以下のようなポイントです。


  • ロングの場合は、上昇するMAをレートが一度下抜いて反発したところでエントリー
  • ショートの場合は、下降するMAをレートが一度上抜いて反発したところでエントリー

となります。

サインについて

サインの出るロジックは以下の通りです。

ロングサイン

  1. MAが十分上昇している
  2. MAが上昇中に、ローソク足の終値がMAを下抜いて確定する
  3. それから再びローソク足がMAを上抜いて確定する

1~3の状態を満たしたときにサインが出ます。
(単にMAが緑色の時にローソク足がMAを跨いだらサインが出るロジックではありません)

エントリーポイントとしてはMAを割ってしっかりと反発してきた所になります。

ショートサイン

  1. MAが十分下げている
  2. MAが下降している状態の時にローソク足の終値がMAを上抜いて確定する
  3. それから再びローソク足がMAを下抜いて確定する。

1~3の状態を満たしたときにサインが出ます。
(単にMAが赤色の時にローソク足がMAを跨いだらサインが出るロジックではありません)

パラメーターについて

Granville02ではパラメーター変更できる箇所が2点あります。
意味合いは以下の通りです。

MAperiod:MAの期間
MAmethod:MAの計算方法の選択

 

MAmethodについては、

  • 0を入力すると単純移動平均線(SMA)
  • 1を入力すると指数移動平均線(EMA)
  • 2を入力すると平滑移動平均線(SMMA)
  • 3を入力すると線形加重移動平均線(LWMA)

でMAが計算されます。

以前より販売が終了したインジケーターであるwr-standbyへのお問い合わせを多く頂いておりまして、私自身でも似たようなコンセプトのインジが作れないかな?と考えて制作してみました。

 

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

フィルター機能のついたGranville02「Filtered Granville02」

2019.07.02

フィルター機能のついたGranville03「Filtered Granville03」

2019.07.01

グランビルの法則の3番でサインが出る「Granville03」

2019.06.16

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club エントリー版」にご招待します。

インディケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。(ブラウザはChrome推奨)
  2. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  3. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  4. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。