グランビルの2番を的確に示す「wr-standby」




Winding Road FXという商材に付いてくるインジケーターで、チャート上にトレンドフォローのためのエントリーサインが出ます。

ロジックとしては、グランビルの法則の2番に当たるところでサインが出るのですが、驚くのはその精度の高さ。

単にローソク足がMAを上抜けた、下抜けたところでサインが出るのではなく、レンジ状態からトレンドが発生して、しっかりとMAの角度が付いたところでサインが出ます。

そのためサインの頻度は少ないものの精度も高く、どの時間帯にも使える大きなメリットがあります。

上位時間軸のトレンド等を見ながらサインを選別すれば、かなり有効なツールになるのは間違いありません。

しかし残念なことにWINDING ROAD FXにはそのような解説はありません・・・。
ツールの出来が良いだけに、もったいないですね。

そこで、私の方でwr-standbyに合ったマルチタイムトレード方法を解説したPDFを作成しました。
この方法で検証した結果、なかなか良好な検証結果が得られました。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

⇒WINDING ROAD FXの検証結果へ

⇒WINDING ROAD FXのレビュー記事へ

トレード手法10個をプレゼントします。

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個+自作インジケーター等をまとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。