10分足や2時間足、8時間足などMT4にはない時間足を表示する方法

本記事では、10分足や2時間足、8時間足などMT4にはない時間足の表示方法を解説します。

MT4は2005年にリリースされたソフトですので、MT5やCtraderのように多くの時間足表示に対応していません。

対応している時間足は

  • 1分足
  • 5分足
  • 15分足
  • 30分足
  • 1時間足
  • 4時間足
  • 日足
  • 週足
  • 月足

の9つしかありません。

しかし、カスタムインジケーターを利用することで、簡単に2分足、10分足、2時間足、8時間足などを表示することが出来ます。

Period_Converter_Optのダウンロード&インストール

まずは必要なインジケーターをダウンロードします。
下のリンクをクリックしてPeriod_Converter_Optをダウンロードしてください。

 

 

ダウンロードしたらMT4に入れて再起動します。
MT4にインジケーターを追加する方法は以下のリンクからご覧ください。

MT4のインジケーターを追加する方法

表示したい時間足よりも小さな時間足チャートにperiod converterを入れる

チャートにPeriod _Converter_Optを表示します。

この際、表示したい時間足よりも小さな時間足にPeriod _Converter_Optを入れます。

例えば、10分足を表示したいのであれば、1分足か5分足、2時間足を表示したいのなら1時間足等を使います。

今回は例として、ポンド円の10分足チャートを表示したいので、5分足チャートを新規に開いてPeriod _Converter_Optを入れます。

 

パラメーター設定が出てきますので、まずは「全般」のタブをクリックして「DLLの使用を許可する」にチェックを入れます。

 

次に「パラメーターの入力」のタブをクリックします。

ここで変更するのがPeriodMultiplierです。
PeriodMultiplierでは、Period converter optを入れたチャートの何倍の足を表示するかを決めます。

今回Period converter optを入れたチャートは5分足。
そして表示したいのは2倍の10分足ですので、「2」を入力します。

ヒント
5分足にPeriod converter optを入れた場合は、PeriodMultiplierの値を4にすれば20分足、24にすれば2時間足、96にすれば8時間足が表示できます。

設定が終わったらOKを選択します。
(Period converter OPTを入れたチャート自体には表示に変化はありません)

オフラインチャートを呼び出す

インジケーターの設定が終わったら、表示したい時間足チャートを呼び出します。

チャート左上の「ファイル」をクリックし、「オフラインチャート」を選択します。

 

オフライン・チャートリストが出てきます。

この中から、今回表示させたいポンド円の10分足である「GBPUSD,M10」を選択して「開く」をクリックします。

 

10分足チャートが表示されました!
ローソク足の間隔が10分ごとになっているのを確認してください。
リアルタイムで動いていると思います。

注意

10分足チャートはオフラインチャートになりますが、Period Converter Optを入れたチャートをベースにして、リアルタイムの値動きを反映します。

そのため、Period Converter Optを入れたチャートは絶対に消さないようにしてください。

呼び出したチャートもインジケーターが表示できる!

呼び出したオフラインチャートも、普通のチャートと同様にインジケーターの表示ができます。

今回ご紹介したやり方を応用すれば、どんな時間足も表示ができます。

少々極端ですが、下のチャートは38分足です。


(1分足を38倍にしています)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法