はらみ線を色々とフィルタリングできる「harami_ma_rsi_macd」

「はらみ線」を認識するしてサインとして表示するインジケーターです。

同じようなインジは他にもありますが、このインジは移動平均線、RSI、MACDの条件を加えてシグナルをフィルタリングすることが可能です。

パラメーター設定画面

「MA filter」「RSI filter」「MACD filter」の項目をtrueにする事でフィルタリングが働きます。
どれか一つだけフィルタリングを機能させることもできますし、組み合わせる事も可能です。

注意
全部をtrueにすると、ほとんどシグナルが出なくなるので要注意です。

MA、RSI、MACDのパラメーター条件については、その下の項目で変更していきます。

チャートの例

下のチャートはRSIだけをtrueにして、RSIでシグナルをフィルタリングしたものです。
(サブチャートにRSIを表示させています)

RSIが上限にある時にはらみ線が出現したらショートシグナル、逆にRSIが下限にある時にはらみ線が出現したらロングシグナルが出ます。

 

また、下のチャートでは、移動平均線でシグナルをフィルタリングしたものです。

ローソク足がMAよりも上にある時にはらみ線が出たらロングシグナル、下にある時にはらみ線が出たらショートシグナルが出ます。

このようにチャート上に無数に出現するはらみ線を好みに合わせてフィルタリングすることで、使えそうな局面だけではらみ線を認識することができます。

なかなか便利なインジだと思います。

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club エントリー版」にご招待します。

インディケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。(ブラウザはChrome推奨)
  2. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  3. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  4. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。