「巻き戻し機能」の付いた無料の検証ツール「TrainingChartGenerator」

過去の相場を実際に動かしながらチャートを検証できるツールです。

この手のツールは他にも多くありますが、このツールが特徴的なのは、「巻き戻し機能」が付いている点です。

実際の動きをご覧ください。

途中からチャートが巻き戻っているように、このツールでは、他のMT4用の検証ツールでは不可能だった「値動きを巻き戻す」ことが可能になっています。

そのため、特定の値動きについて繰り返し見直したい際に非常に役立ちます。

TrainingChartGeneratorの特徴

TrainingChartGeneratorの特徴
  • 過去の相場を簡単に動かすことができる
  • 動かせるのは確定した足のみ
  • 動きを進めるだけではなく、巻き戻すこともできる
  • MT4用のインジケーターも一緒に動かせる
  • 一度MT4を再起動させても前回と同じところからすぐにスタートできる
  • 仮想トレードはできない
  • チャートの動きがストラテジーテスターと比べて遅い

過去の相場を簡単に動かすことができる

TrainingChartGeneratorは、上のGif動画のように過去のチャートを動かしながら再現することができます。

このような検証ツールは基本的にはEAであることがほとんどですが、TrainingChartGeneratorはEAではなくインジケーターです。

ストラテジーテスターは使用しませんので、初心者の方でも簡単に導入することができます。

 

動かせるのは確定した足のみ

TrainingChartGeneratorは、Gif動画にあるようにチャートの動きとしては、次の確定したローソク足が表示されていくものになります。

ストラテジーテスターでいうところの「始値のみ」と同じ表示になります。

そのため、「コントロールポイント」や「全ティック」のように足の形成過程までは見ることができません。

 

動きを進めるだけではなく、巻き戻すこともできる

このツールの最大の特徴です。

ストラテジーテスターを使用する場合は、その仕様上、値動きを巻き戻すことはできませんが、TrainingChartGeneratorなら可能です。

 

MT4用のインジケーターも一緒に動かせる

TrainingChartGeneratorはオフラインチャートを生成してチャートを動かしますので、MT4用のインジケーターも一緒に表示することが可能です。

 

一度MT4を再起動させても前回と同じところからすぐにスタートできる

ストラテジーテスターを利用する一般的な検証ツールの場合、検証途中でMT4を再起動すると、再度ストラテジーテスターからスタートさせる必要があります。

しかし、TrainingChartGeneratorは再起動しても、検証途中の状態からすぐにそのまま継続することが可能です。

 

仮想トレードはできない

TrainingChartGeneratorの弱点です。

検証ツールではありますが、過去のチャートで仮想売買をして、勝率やプロフィットファクターを見る・・・といったことはできません。

そのため、実際にトレードの練習をするツールと言うよりは、巻き戻せる機能を利用して、過去の値動きを細かく検証していくためのツールと考えたほうが良いでしょう。

 

チャートの動きがストラテジーテスターと比べて遅い

これも弱点の一つになります。
TrainingChartGeneratorのチャートを動かす速度は速くありません。

最大で上のGif動画程度の速度です。

しかし、稼働中でも簡単に日付の指定ができますので、見たい日付や時間帯の値動きに飛ぶことは可能です。

 

TrainingChartGeneratorの導入方法

それではTrainingChartGeneratorの導入方法について解説します。

インジケーターのインストール

まずは下のボタンをクリックしてダウンロードして下さい。

解凍したフォルダ内には以下の2つのファイルが入っています。

  • TrainingChartController.mq4
  • TrainingChartGenerator.mq4

2つともインジケーターです。
通常のインジケーターと同じようにMT4にインストールして下さい。

 

検証したいチャートにTrainingChartGeneratorを表示

インストールができたらMT4を再起動して、検証したいチャートを開きます。
(今回は例としてユーロ円15分足を使用しています)

チャートを開いたら、先ほどインストールしたTrainingChartGeneratorをチャートにセットします。

チャート左上に「Press ‘o’ to opne training chart.」と表示されますので、キーボードの「o」を入力します。

 

すると新たにオフラインチャートが表示されます。

このオフラインチャートの名前はM16となっていますが、15分足チャートのオフラインチャートです。
(1時間足チャートにTrainingChartGeneratorをセットすると、M61のオフラインチャートが出てきます。)

 

TrainingChartControllerをセットする

新しく表示されたオフラインチャートにもう一つのインジケーターであるTrainingChartGeneratorをセットします。

するとチャート左上に下のような表示が出ます。

 

この表示が出ている状態で、キーボードの「N」を押すとチャートが進み、「B」を押すとチャートが戻ります。

動くことが確認できたら終了です。
このチャートにいつも使用しているインジケーター等を表示させて検証してください。

パラメーター設定

Start date/time:チャートの日付や時間帯を指定します。稼働している状態でもその日付に一気に飛びます。

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club エントリー版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法