究極の移動平均線の進化版「averages – 9.4 (mtf + alerts + arrows + button)」

高機能の移動平均線インジです。

以前ご紹介したaverages – mtf – alerts 9.1の進化版になります。

このインジでは以下の機能があります。

  • 40種類もの移動平均線の計算方法から選択できる
  • 移動平均線の表示方法が変更できる
  • マルチタイム表示
  • バンド表示
  • ライン表示
  • オンオフ機能

マニアックではありますが、MA表示型のインジとしては最高峰の機能を備えています。

様々な移動平均線の表示

設定内のAverage method内から40種類もの移動平均線の計算方法が選択できます。

これだけ揃っているのは他にありません。

移動平均線の表示方法の変更

averages – 9.4では、様々な移動平均線の表示方法に対応しています。

上にもありますよにMAを表示するだけではなく、シグナル化したり、MAより上か下かで足の色を変えたり・・・と様々な表示方法が選択できます。

設定はDisplay Typeで行います。

マルチタイム表示

上位足の移動平均線を表示することができます。

下のチャートでは1時間足に4時間足のMAを表示しています。

設定内のTime Frameで変更できます。

バンド表示

MAの上下にバンドを表示することができます。

バンドはMAの上下に何pips離れたところに表示するか?を指定するだけのシンプルなものになりますが、乖離を見る際に便利です。

設定内のUpper bands in pipsとLower bands in pipsで数値を入力するとバンドが表示されます。

ライン表示

MAの角度が切り替わったところで水平線を表示します。

Show horizontal S&R Linesをtrueにすると表示されます。

オンオフ機能

ボタンをクリックするだけでMAの表示・非表示が可能です。

パラメーター設定

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法