移動平均線と終値の乖離幅を示す「kairi_oscillator」

自作のインジです。

移動平均線とローソク足の終値の値幅を示すオシレーターです。
よくある乖離系のインジになりますが、このインジは「乖離率」ではなく「乖離幅」を示します。そのため、オシレーターの単位は「pips」です。

ローソク足が移動平均線よりも上にあればオシレーターはプラスの値をとり、逆に下にあればマイナスの値を取ります。

移動平均線と一緒に表示させました。

移動平均線とMAの距離感が視覚的に分かりやすくなりますね。

パラメーターについて

パラメーター設定画面は以下の通りです。

  • MA_period:移動平均線の期間を指定します。
  • MA_method:移動平均線の計算方法を指定します。
  • MA_apply:移動平均線の適用価格を指定します。

 

MAmethodについては、

  • 0を入力すると単純移動平均線(SMA)
  • 1を入力すると指数移動平均線(EMA)
  • 2を入力すると平滑移動平均線(SMMA)
  • 3を入力すると線形加重移動平均線(LWMA)

でMAが計算されます。

 

MA_applyについては、

  • 0を入力すると終値
  • 1を入力すると始値
  • 2を入力すると高値
  • 3を入力すると安値
  • 4を入力するとMedian Price(高値+安値)/2
  • 5を入力するとTypical Price(高値+安値+終値)/3
  • 6を入力するとWeghted Close(高値+安値+高値×2)/4

でMAが計算されます。

 

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club エントリー版」にご招待します。

インディケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。(ブラウザはChrome推奨)
  2. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  3. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  4. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。