インジケーターをチャートに入れたら、MT4がフリーズしてしまった時の対処法【応答なし】

パソコンに負荷をかける重いインジケーターを表示した時や、パラメーターを変更した際に、稀にフリーズしてMT4全体が白っぽくなり、操作を受け付けなくなることがあります。

今回はインジケーターが原因でMT4がフリーズした時の対処方法を解説します。

1.MT4を終了する

まず最初にMT4右上の×ボタンをクリックして一度MT4を終了しましょう。

この操作も受け付けない場合は、キーボードの「Ctrl+Alt+Delete」を同時してタスクマネージャーを表示します。

 

タスクマネージャーの「プロセス」タグ内から該当するMT4を選択して「タスクの終了」をクリックします。

2.MT4を再起動する

MT4の終了後、再起動します。

ここで通常通りMT4が起動してフリーズしなければこれで対処終了となります。

再起動後もフリーズが続く場合は次をご覧ください。

 

3.再起動後もフリーズする場合

再起動後もフリーズする場合は、一度MT4を強制終了して再度立ち上げます。

通常、立ち上がりからチャートを読み込んでフリーズするまでに数秒の時間があります。

この数秒間の間に、フリーズの原因となったチャートを右クリック⇒表示中のインジケーターを選択して、該当するインジケーターを削除します。

チャートからインジケーターを削除出来たらフリーズすることなく動きます。

チャートを右クリックしても何も反応しない場合は次をご覧ください。

 

3.再起動後、チャートからインジケーターを削除できない場合

再度MT4を立ち上げて、フリーズする前にMT4左上の「ファイル」⇒「データフォルダを開く」と進みます。

 

データフォルダが開けたら勝ちも同然です。
データフォルダ内の「MQL4」⇒「Indicators」と進んで、フリーズする原因となったインジケーターを削除します。

これが終わったらMT4を再起動します。
ほぼ100%の確率でフリーズすることなく稼働します。

MT4を再起動した瞬間からフリーズし、チャート左上の「ファイル」すらクリックできない場合は次をご覧ください。

4.奥の手

インジケーターとMT4の相性が悪い場合、MT4を開いた瞬間からフリーズして何も操作できない現象に陥ることがあります。(私は年に2回くらいあります。)

こうなってくるとMT4からでは何もできないため、パソコン内にあるMT4にあるデータにアクセスします。

現在のMT4は、プログラムファイルとデータファイルの2種類が別々の場所に保管されています。

データファイルとはMT4左上の「ファイル」⇒「データフォルダを開く」ことでアクセスできますが、MT4が使えなければパソコン内を探していかなくてはいけません。

MT4のデータフォルダは

PC>Cドライブ>User>ユーザー名>AppData>Roaming>MetaQuotes>Terminal>

の中にあります。
Terminal内のフォルダ名は長い英数字になっており、それをクリックするとデータフォルダにアクセスできます。

データフォルダにアクセスできれば、「MQL4」⇒「Indicators」と進んで、フリーズの原因となったインジケーターを削除して再起動すれば大丈夫です。

MT4を複数インストールしている場合は、Terminalフォルダ内に沢山の英数字のフォルダが表示されます。

この場合は、一つ一つチェックして該当するインジケーターを探し当てましょう(大変ですが・・・)

トレード手法10個をプレゼントします。

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個+自作インジケーター等をまとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。