MTF対応インジケーターの時間足の設定方法

当ブログでご紹介しているインジケーターの中には、マルチタイムフレーム(MTF)対応のものも多くあります。

MTF対応インジについては、以下のカテゴリーからご覧ください。
https://technical-indicators.com/archives/tag/mtf

ここでは、MTF対応型インジケーターの時間足の設定方法を解説します。
(インジケーターによって多少の違いはありますが、本ページで解説する方法で95%くらいカバーできます)

MTF設定方法

MTF対応型のインジケーターのパラメーター設定を開くと、多くのケースで上位部分に「Time frame」という項目が見つかります。

ここで表示する時間足を指定していきますが、指定方法にはクリック型と入力型の2パターンあります。

クリック型

Time frameの個所をクリックすると、時間足名が展開されて、表示したい時間足を選ぶだけで完結するのがクリック型です。

このタイプは超簡単です。

入力型

入力型は、クリック型よりもひと手間必要です。

パラメーター設定内のtime frameをクリックしても時間足の一覧が展開されず、文字を記入できる場合が入力型になります。

入力型では、表示したい時間足を分で入力します。

  • 表示中のチャートと同じ時間足:Current time frame
  • 1分足:1
  • 5分足:5
  • 15分足:15
  • 30分足:30
  • 60分足:60
  • 4時間足:240
  • 日足:1440

数字を入れるだけです。

interpolation

ごく一部のインジケーターの中には、interpolation(補完)機能が付いているものがあります。

通常、MTF機能で上位足のMAを表示すると、下チャートようにカクカクとした動きになります。

インジケーターも上位足が確定するタイミングで値が変わりますので、これが普通です。

しかし、interpolationをオンにすると、上位足表示でもカクカクがなくなり、滑らかなラインを描くようになります。

どちらが良いかはお好みになります。

interpolationは、多くの場合でパラメーター設定内の一番下にあります。

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club XM版」にご招待します。

インジケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。
MT4のインジケーターを追加する方法