Williams%Rをベースとした精度の高いシグナル「ASCTrend」

ローソク足上に表示されるシグナル型のインジです。

世界的に非常に有名で、様々なトレードシステムのエントリートリガーとして用いられたり、EAのロジックに使用されています。

サインの出方は以下のようになります。

注意
ASCTrendのシグナルは、ローソク足が確定する前から出現します。

しかし、ローソク足の終値次第でシグナルが消えることもありますので、シグナルの出た足が確定するまでしっかりと待つ必要があります。

シグナルが出た足が確定したらサインはリペイントされません。

結構いいところでサインが出ることも多いですのでお勧めのシグナルインジの一つです。

ASCTrendのロジックについて

ASCTrendのベースはWilliams%R

ASCTrendはシグナル型のインジケーターの中でも歴史は古く、ベースはMT4の前身であるMT3の頃には出来上がっていたようです。

ASCTrendはMT4にもデフォルトで入っているWilliams %R(WPR)をベースとしています。
WPRはラリー・ウィリアムズの考案したオシレーターで、ストキャスティクスを参考にした計算式です。

WPRとストキャスを同じ期間にして、ストキャスのスローイングを1にすると、ほぼ同じ挙動を示すことがわかります。

このことから、ASCTrendはストキャスを参考にしているとも言えます。

ASCTrendのサインが出るポイント

ASCTrendのサインの出るロジックはシンプルです。

デフォルト設定では、9期間のWPRが

  • -30を上回るとロングサイン
  • -70を下回るとショートサイン

が出現します。

ASCTrendのサインが出た個所に縦線を引いてみました。

サインが出た個所でWPRの-30を上抜け、もしくは-70を下抜けしていることがわかります。

WPRが一定値を超えたらロングサイン、一定値を下回ったらショートサインが出現することになりますので、ASCTrendはオシレーターをベースとしながらもトレンドフォローの考えを取り入れている点が非常に興味深いです。

パラメーター設定

Risk

Riskの値を変更することでサインの出方が変わります。
具体的には、WPRの期間やサインの出る値が変更されます。

RiskによるWPRのパラメーターの変化
  • WPRの期間:3+Risk×2
  • 買いシグナルの値:-(33-Risk)以上
  • 売りのシグナルの値:-(67+Risk)以下

例えばRiskの値を6にすると、

  • WPRの期間は15
  • 買いシグナルの値は-27
  • 売りシグナルの値は-73。

となります
実際にASCTrendのRiskを6にして、WPRの期間を15、-27と-73にすると、サインとWPRが一致することが確認できます。

CountBars

過去何本分のローソク足にASCTrendを表示させるかを設定します。

デフォルト設定では過去300本分までのローソク足までしかASCTrendのシグナルは表示されません。

もっと表示させたい場合は、数字を大きくすると良いでしょう。

(上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

ASCTrend関連の記事一覧

マルチタイム・マルチ通貨ペアでASCTrendの状況を示す「DC_ASC_TREND」

2020年3月16日

3つの時間足でASCTrendの方向を示す「ASCTrend-Matrix 3TF」

2020年3月14日

アラートの鳴るASCTrend「ASCTrend1i」

2020年3月14日

ASC Trendの相棒?「AscTrend2」

2018年12月7日

ASCTrendの亜種「ASCTrendK」

2018年11月17日

Williams%Rをベースとした精度の高いシグナル「ASCTrend」

2017年8月17日

トレード手法10個をプレゼントします!!

当サイト経由でXMのリアル口座を開設された方に、非常に優位性の高いトレード手法を10個まとめたサイト「Forex Standard Club エントリー版」にご招待します。

インディケーターのインストール方法

  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq4もしくはex4のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL4」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。